2017.10.18

大阪府立夕陽丘高等学校の学校協議会

 本日,大阪府立夕陽丘高等学校を訪問した。今年度も,同校の学校協議会の委員長を拝命しており,第2回目の協議会が催されたからだ。本日は,授業参観もできた。さらに,授業評価アンケートの結果や学校経営計画の進捗状況の自己評価結果等が示され,それらに基づいて,委員と学校の教職員間で,学校経営について意見交換した。

| | Comments (0)

2017.10.17

東京は寒かった

 日曜日夜から,二泊三日で上京していた。昨日,本日,東京はとても寒かった。12月並みの気温だったとか。街ゆく人はコートをまとっているが,予習不足のため,私は,秋の装い。震えていた。
 しかも,昨夜,ホテルが急に停電。24時半くらいだったか--。非常灯をつけてコンピュータを操っていたが,25時過ぎにあきらめて寝た。午前3時くらいに復旧したそうな--。なかなかハードな上京となった。
 でも,本日12時過ぎまで東京学芸大学のキャンパスにいたのに,16時にはもう天王寺キャンパスの自分の研究室の椅子に座れた。意外に,近い--。

| | Comments (0)

2017.10.12

なかなか書く時間を確保できない

ここ数日、ブログの記事を書く時間を確保できない。記事の題材は少なからずあるのだがーー。この文章も、帰宅途中の地下鉄車内で、スマホでなんとか書いている。ふー。明日は、ちゃんと書けるといいな。

| | Comments (0)

2017.10.02

高等学校の授業づくりについていろいろと考える

 今日は,午前中,大阪市役所を訪れ,「大阪市教員育成協議会」に出席した。そして,午後,2つの府立高等学校をめぐった。1つの学校では,校内研修において,「自ら考え,伝える力の育成」に関するミニ講義を担当し,それに関する教科チームの議論を聞き,その内容を批評した。そして,夕方から,ある定時制高等学校の授業を見学した。様々な背景を抱える子どもたちの学びを支え促そうとする,教師たちの姿に接した。それらを通して,高等学校の授業づくりの可能性と課題をいろいろと考えた。

| | Comments (0)

2017.09.22

他の教職大学院の取り組みに学ぶ

 本日,ある会議に参加した。そこで,2つの大学の教職大学院の取り組みについて協議した。それぞれの大学院は,置かれた状況を踏まえて,そのカリキュラム等を充実させようと工夫を重ねている。大したものである。私たちの大学院も3年目を向かえたが,2つの大学の取り組みに学び,改善や発展を図らねばならないと再認識した時間であった。

| | Comments (0)

2017.09.10

帰国後の日曜日も大学へ

 昨夜ソウルから帰国したばかりだが,本日の午後は大学へ(午前中はテニスとマシントレーニング)。どうしても大学でやらないといけない作業があったからだ。
 しかし,私以上に,我が教職大学院の院生たちもいろいろとがんばっていた。大したものである。

| | Comments (0)

2017.09.09

やっぱりソウルは近いな

 本日,韓国から帰国した。ソウル(といっても金浦空港だが)に18時近くまでいても,吹田に22時前には着ける。今回は,荷物を預けることもなかったから,パスポート管理,税関をスムーズに抜けて,すぐに南海列車に乗れたことも,その理由であろう。いずれにしても,いろんな意味で韓国は身近である。

| | Comments (0)

2017.08.18

ちょっと疲れた--

 日本看護学教育学会第27回学術集会における発表等を終え,本日17時前の便で帰阪するはずだった。ところが,この便がなんと2時間の遅れ。那覇空港に4時間近くも滞在することに。集中講義の準備をしていたので仕事はしていたが,一時は「伊丹空港には着けず,関西空港に向かうかもしれない」などという恐ろしいアナウンスも入り,落ち着かない時間を過ごした(機材繰りの関係で手に持つ検査場でごたごたしたりということもあり)。ちょっと疲れた--。

| | Comments (0)

2017.08.12

もろもろで忙しい

 東京大学の集中講義が終わったが,まだまだ,もろもろで忙しい。明日は,教師の力量形成に関する英文購読会であるし,その後,看護学教育学会への参加などがある。もう1つの集中講義(大阪体育大学教育学部の教育方法・技術論)も待っているし--。卒論や修論のゼミOB会,そして教職大学院修了生を迎えるフォーラム等々も予定されている。もろもろで忙しい夏だ。

| | Comments (0)

2017.07.28

京阪電車による遠征が一区切り

 ここ3日間,毎日,京阪電車に乗り,寝屋川,守口,枚方に向かった。教職大学院に配置換えとなってから,寝屋川や枚方の学校等に行く機会が増えた。南海に乗って出かける堺市とともに,京阪遠征の街がなんだか身近になってきた。京橋駅等でのJRとの乗り換えも,慣れたものである。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧