2017.05.13

学会理事としての任期を終えて

 本日,溜池山王のビルで催された,日本教育工学会の編集委員会・理事会に参加した。編集委員会は,岡山大学に務めていた頃からなので,何年間関わっているか,カウントできない(途中,抜けた時期もあるが)。理事については,4年間×3ラウンドで,12年間務めた。担当理事として,大会企画委員会,企画委員会,そして編集委員会をリードする取り組みを繰り広げてきた。任期を終える節目を迎える度に,なんとかやり終えた安堵感と十分でなかったことを後悔する気持ちがまいまぜとなる。
 学会活動はボランティア活動であるが,しかし,研究者にとっては大切なコミュニティである。だから,置かれた状況は異なるが,みんな,できることを精一杯やっている。私も,もう少しの間,がんばってみようと思う(残り少なくなってきたとは思うが)。

| | Comments (0)

2017.05.01

学校を基盤とするカリキュラム開発における学校長のリーダーシップとそのための学びについて

 今年度の日本カリキュラム学会の年次大会は,6月24,25日に,かつて私が勤務していた岡山大学教育学部で開催される。そこで,私は,学校を基盤とするカリキュラム開発における学校長のリーダーシップとそのための学びに関して研究報告をする予定である(大阪市立大学の島田先生と共同で)。ここ数年進めてきた,当該トピックに関する事例研究の知見と国内外のカリキュラム開発とリーダーシップに関する研究動向をオーバーラップさせ,我々の実証研究の成果の再整理を図る。ゴールデンウィークは,そのための文献購読にほとんどの時間を費やす--つもりだ(でも,テニスは3回する予定--)。

| | Comments (0)

2017.03.18

日本教育工学会の編集委員会・理事会のために上京

 本日午後,溜池山王で,日本教育工学会(JSET)の編集委員会・理事会が催された。前回(1月)はメーリングリスト上での審議であったため,久しぶりの対面会議であった。理事会では,担当理事が委員会の運営のために尽力している様子がよく分かった。学会の理事としての役割を果たすのは,なかなか大変である。

| | Comments (0)

2017.03.04

日本教育工学会の研究会(JSET17-1)で発表

 本日,日本教育工学会の研究会(JSET17-1)が信州大学教育学部で開催された。私も,「学校研究の発展のために教育委員会指導主事が果たす役割のルーブリックの改善」というタイトルの発表者の一人として,研究会に参加し,口頭報告を行った。これは,大阪市立大学の島田先生を代表者とする科研費の研究プロジェクトの成果をオープンにするものだ。教育委員会指導主事が学校の実践研究に対してどのような支援を繰り広げるべきかを構想したり,俯瞰したり,仲間と共通理解したりすることに資するルーブリックの作成と改善,そして今後の活用可能性について述べた。

| | Comments (0)

2016.12.04

日本教師教育学会公開シンポジウム

 早稲田大学の小野記念講堂で催された日本教師教育学会公開シンポジウムに参加した。そのタイトルは,「中教審答申で教師教育はどう変わるか?」である。4人の登壇者は,それぞれの立場から,中教審答申の「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」で示された内容について,その意義や課題を解釈し,表明なさっていた。

| | Comments (0)

2016.11.05

日本カリキュラム学会主催「秋のセミナー2016」「カリキュラム・マネジメントを考える」

 土曜日だが上京し,お茶の水女子大学にやって来た。日本カリキュラム学会主催の「秋のセミナー2016」に参加するためだ。そのテーマは「カリキュラム・マネジメントを考える」である。3つの学校の事例報告,それに対する研究者のコメントを拝聴した。どの学校も,新学習指導要領が求めるカリキュラム・マネジメントの3つの側面を踏まえた,すぐれた取り組みを展開していた。

| | Comments (0)

2016.10.15

JAETの全国大会(佐賀大会)の第二日目

 日本教育工学協会(JAET)による,第42回全日本教育工学研究協議会全国大会(佐賀大会)がすべて終了した。第二日目は,研究発表,ワークショップ,事例報告等の後,閉会式となった。そこで,全国大会担当副会長として,閉会の挨拶を担当した。教育フェスタと共催させていただいた佐賀県教育委員会,全国から参加してくださった先生方,賛助会員の企業の皆さんに,感謝の意を表明した。
 その後,撤収作業等を地元企業のサポーター(学映システムの皆さん)とともに,大会企画委員会のメンバーでおこなった。予想以上のスピードで撤収作業が進み,無事に佐賀を後にすることができた。
 ツイッターやFBで,たくさんの方々から,応援のお言葉を頂戴した。とても励まされました。ありがとうございました。

| | Comments (0)

2016.10.14

JAETの全国大会(佐賀大会)の第一日目

 日本教育工学協会(JAET)による,第42回全日本教育工学研究協議会全国大会(佐賀大会)の第一日目が終わった。授業公開,基調講演,事例発表等のいずれについても,多くの参加者を得られた。懇親会も,堀田前会長の名司会で和やかに進められた。懇親会終了後も会場に残る人々が少なからずいらっしゃったことがその証左である。
 ともかく,大会第一日目は,おおむね,滞りなく終了した。大会企画委員会委員長として,ほっとした。

| | Comments (0)

2016.10.13

JAETの全国大会の前日準備

 日本教育工学協会(JAET)による,第42回全日本教育工学研究協議会全国大会が,明日,明後日と佐賀で催される。本日,前日準備のために,佐賀入りした。JAET事務局,大会企画委員会委員,佐賀県教育委員会関係者,そして地元の企業の方々が40名近く集まり,参加者にお渡しする資料の袋詰め等に従事した。私も,大会企画委員会委員長としてたくさんの資料や袋,ダンボールと格闘した。

| | Comments (0)

2016.10.02

アクションリサーチの方法論について考えた

 今日も,九州大学箱崎キャンパスで開催された日本教育方法学会第52回大会に参加した。今日は,連名となっている研究の発表や大学院の教え子の実践研究の発表を拝聴した。また,いくつかの発表に関して,自分なりに質問や意見を呈した。その中で,アクションリサーチの方法論,その知見の呈し方に関していろいろと考えた。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧