2016.12.28

教師の力量形成に関する文献購読会

 本日は,「教師の力量形成に関する研究会」(第27回)を催した。これは,春・夏・冬と毎年3回開催している研究会であるが,全員が,教師の力量形成に関わる外国語文献を読んで,その内容をレポートする集いだ。今回,私は,Teachers and Teachingという学術雑誌から,Highly committed teachers: what makes them tick? A study of sustained commitmentというタイトルの文献をピックアップし,その内容を報告した。教師のコミットメント,その持続の要因に関する縦断的な研究であった。
 6件の報告の後,総合的な討論では,社会正義に関するカリキュラムの推進に取り組む教師の事例研究の背景,特徴と課題について密に意見を交換した。

| | Comments (0)

2016.12.04

日本教師教育学会公開シンポジウム

 早稲田大学の小野記念講堂で催された日本教師教育学会公開シンポジウムに参加した。そのタイトルは,「中教審答申で教師教育はどう変わるか?」である。4人の登壇者は,それぞれの立場から,中教審答申の「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について」で示された内容について,その意義や課題を解釈し,表明なさっていた。

| | Comments (0)

2016.11.13

「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング

 本年度から3年間,代表者として,科研費による研究プロジェクトを企画・運営している。そのタイトルは,「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」である。今日は,天王寺キャンパスの私の研究室,本年度第2回目のこの科研のミーティングを開催した。メンバーがそれぞれ,『教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブック』を講義や教員研修で活用した事例を報告し,その共通点(共通課題)を探った。メンバーの皆さん,お疲れさまでした。

| | Comments (0)

2016.11.05

日本カリキュラム学会主催「秋のセミナー2016」「カリキュラム・マネジメントを考える」

 土曜日だが上京し,お茶の水女子大学にやって来た。日本カリキュラム学会主催の「秋のセミナー2016」に参加するためだ。そのテーマは「カリキュラム・マネジメントを考える」である。3つの学校の事例報告,それに対する研究者のコメントを拝聴した。どの学校も,新学習指導要領が求めるカリキュラム・マネジメントの3つの側面を踏まえた,すぐれた取り組みを展開していた。

| | Comments (0)

2016.10.23

Professional Capitalに関する輪読会

 日曜日だから,朝から,大学へ。武庫川女子大学の矢野先生のご発案で,Professional Capital: Transforming Teaching in Every School の各章を分担して,その内容について学び合う機会を有した。4人で協議しながら読みあうと,専門的資本が何を意味するのか,日本の学校や教育にそれは何をもたらすのか等々を議論した(4時間以上)。

| | Comments (0)

2016.10.02

アクションリサーチの方法論について考えた

 今日も,九州大学箱崎キャンパスで開催された日本教育方法学会第52回大会に参加した。今日は,連名となっている研究の発表や大学院の教え子の実践研究の発表を拝聴した。また,いくつかの発表に関して,自分なりに質問や意見を呈した。その中で,アクションリサーチの方法論,その知見の呈し方に関していろいろと考えた。

| | Comments (0)

2016.10.01

日本教育方法学会第52回大会に参加

 今日,明日と,日本教育方法学会の第52回大会が九州大学箱崎キャンパスを会場にして催されている。私も,大会1日目の自由研究発表の第5分科会で座長役を務めた。明日も,参加する。

| | Comments (0)

2016.09.19

今日は日本教育工学会の全国大会に参加,明日からはモンゴル

 昨夜帰阪し,今日は,大阪大学豊中キャンパスで催されている日本教育工学会第32回全国大会に参加し,口頭発表を行った。3a-A102のセッションの5番目の発表であった。タイトルは,「『教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブック』の改善」である。平成24年度~27年度の4年間の科研費研究プロジェクトの成果物である『ハンドブック』の総括的評価の結果を述べるものであった。ほぼ予定の時間(14分)で発表を終え,3つの質問を頂戴してそれに応じた。
 これで9月の3本の学会発表が終わった。明日から,モンゴルだ。

| | Comments (0)

2016.09.18

今日も日本教師教育学会に参加

 今日も,帝京大学八王子キャンパスで催されている日本教師教育学会第26回研究大会に参加している。昨日は,自由研究発表の第6分科会で,「学校研究のコンサルテーションに関する比較研究-教育委員会指導主事と研究者が果たす役割の異同-」というタイトルで研究発表を行った。本日午前中は,自由研究の第21分科会「若手教師の成長(2)」へ。午後は,課題研究Ⅲ「教師教育の国際化と比較研究の課題」へ。

| | Comments (0)

2016.09.17

明日は,学会発表(日本教師教育学会第26回研究大会)

 帝京大学八王子キャンパスで,17日,18日と,日本教師教育学会第26回研究大会が催される。私は,自由研究発表の第6分科会で,「学校研究のコンサルテーションに関する比較研究-教育委員会指導主事と研究者が果たす役割の異同-」というタイトルで研究発表を行う(大阪市立大学の島田先生との共同発表)。その最終準備に,1日を費やした。既に,数日前には,12ページの配布資料を作成していたが,プレゼンテーション用スライドの作成,予行演習とかなり時間をかけた。明日,それを披露する。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧