2017.11.21

「校内研修のコンサルテーション」で大阪市教育センターのスタッフにコンサルテーションについて語ってもらう

S_p1050465S_p1050468 本日,我が教職大学院の教育実践コーディネートコースのコース必修科目「校内研修のコンサルテーション」において,大阪市教育センターのスタッフに,校内研修のコンサルテーションについて語ってもらう。先々週の大阪府教育センターのスタッフによるものは高等学校における校内研修がその対象であったが,今回は,小学校の校内研修の支援に関するものだ。そして,コンサルテーションについて語ってくれたのは,我が教職大学院の修了生でもある指導主事だ。それゆえ,この講義のねらいや枠組みを把握して,よいプレゼンテーションをしてくれた。来週,その特徴等を分析する。

| | Comments (0)

2017.11.20

今日もたくさん京阪電車に乗った

 今日もたくさん京阪電車に乗った。午前中,枚方市内の中学校の授業を見学し,管理職や学力向上担当者と授業や校内研修に関して意見交換をした。午後は,やはり枚方市内の小学校の授業研究会に参加し,「主体的・対話的で深い学び」の「深い学び」のあり方に関して,教師たちと意見交換した。もう京阪電車が身近な存在になりつつある。

| | Comments (0)

2017.11.14

ICT活用の授業公開(11月28日,大阪市立平野西小学校)

 大阪市立平野西小学校は,「大阪市学校教育ICT活用事業」の先進的モデル校の1つである。同校の教師たちは,6月に続いて,11月28日午後に,ICT公開授業を催す。5時間目に,3つの学級で国語,社会,理科の授業におけるICT活用が提案される。また,それに関する協議等も実施される。理科の授業ではプログラミング教育も試みられる。ぜひ参加されたい。「hiranonishi_elementary_school171128.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

2017.11.10

授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなっている(亀山市立神辺小学校)

S_p1110033S_p1110038 亀山市立神辺小学校の教師たちが,今日もまた授業研究会に取り組んだ(本年度の第28回目の全体研修会)。本年度は,研究主題を「わかった できた 楽しいな~思考を深める学び合いを通して」と定めている。
 本日の授業研究の協議の司会役を果たしていたのは,同校の研究主任であるが,研究授業の後の協議会をとてもていねいにデザインしていた。例えば,写真は,グループ協議の報告の様子である。各グループは,3プラス1という合い言葉の下,研究授業の特長と課題をバランスよく導出していた。全体協議ではグループ協議の報告を集約する,授業研究会の最後に各自が授業改善のアクションを具体的に考察するタイムを設ける等々,授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなるよう,そのデザインが工夫されていた。

| | Comments (0)

2017.11.08

校内研修の持続的な発展に向けて(葛城市立新庄中学校)

 本日午後,奈良県葛城市立新庄中学校が研究発表会を催した。同校は,「主体的・対話的で深い学び」の成立と充実を目指して,授業研究を重ねてきた。その(中間的な)成果を全教科の研究授業で公開した。それは,いわゆる「主体的・対話的で深い学び」に迫るものであった。また,2年間の取り組みを研究主任が分かりやすく報告した。それには,専門部会の編成,各教師による実践レポートの作成と交流,ワークショップ型の研修会の実施等々,中学校における校内研修の企画・運営のアイディアがたくさん含まれていた。こうした取り組みの蓄積は,同校の校内研修の持続的な発展に資するものであろう。

| | Comments (0)

2017.11.07

大阪市内の小学校に助けていただいて--

 先日から,2件,本学の国際交流に関する事項で大阪市内の小学校に助けていただいている。韓国の大学から来日する大学教員や大学院生が日本の授業を見学したり,また,それらの授業等について本学の院生を交えて協議したりするための機会を提供していただきたいとお願いしたところ,快諾してくださった。ありがたい話である。私も,ご恩返しをすべく,2校の実践研究の進展に尽力したいという気持ちを強めた。

| | Comments (0)

2017.11.06

学校として組織的に学力向上に取り組む中学校(北宇治中学校)

 京都府宇治市立北宇治中学校は,平成29・30年度「学力向上システム開発校」として,「質の高い学力の向上へ,主体的・協働的に学ぶ生徒の育成」という研究主題を掲げ,実践研究を重ねている。授業改善研究部,家庭学習研究部,教育課程改善研究部,生活習慣改善研究部を構成し,学力向上に向けた取り組みを多面的に展開している。同時に,学力向上の取り組みに重点項目を設け,その焦点化も図っている。学校として組織的に学力向上に取り組めているのである。学校長は,そうしたアプローチに従事できる教師たちを「我が校の宝です」と語っていた。

| | Comments (0)

2017.11.03

JAETの大会企画委員会(平成29年度第4回)

 本日夕方~夜,日本教育工学協会(JAET)の大会企画委員会が催され,私も参加した(委員長として協議の進行役等を果たした)。平成29年11月24日(金)~11月25日(土)に,全日本教育工学研究協議会第43回大会(和歌山大会)が催される。その最終の打合会である。会場は,大会の全体会が実施される和歌山県民文化会館の会議室である。
 野中会長,豊田副会長(実行委員会委員長),事務局等々が集い,前日の23日から25日の閉会までのシミュレーションを行った。いろいろ細かい点まで詰めた。
 多くの方のご参加をお待ちしております。

| | Comments (0)

2017.11.02

古河市立三和東中学校を再訪

 茨城県古河市立三和東中学校を再度訪問した。同校は,文部科学省「次世代の教育振興情報化推進事業」の推進校の1つである。推進校は,「教科横断的な情報活用能力の育成に係るカリキュラム・マネジメントの在り方」等を追究する。
 同校の教師たちは,新学習指導要領の解説書を精読し,各教科の指導における情報活用能力の育成の可能性を洗い出し,実践化している。それが礎となり,全校体制の情報教育のカリキュラム開発が進んでいた。

| | Comments (0)

2017.10.31

教師たちの熱心な学び合い(大阪市立港晴小学校)

S_p1100714S_p1100717 大阪市立港晴小学校は,本日も,授業研究会を催した。同校は,「協働学習を通して学び合う子どもの育成~算数科における基礎的・基本的な内容の定着をめざして~」という研究テーマを設定して,授業研究会を重ねている。研究授業を行った3年生の子どもたちは,算数の授業において,数学的な思考を協働的に繰り広げていた。そしてまた,教師たちも,研究授業についてとても熱心に学び合っていた。ある教師は,前回の授業研究会の内容をまとめた研究通信を横に置いて今回の授業研究会の協議に活かしていた。同校の授業研究の連続・発展を象徴するシーンであろう。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧