2017.04.29

今年も,パナソニック教育財団の実践研究助成の成果報告書評価プロジェクトを

 昨夜,国際展示場前のパナソニックセンターの会議室で,平成28年度にパナソニック教育財団の実践研究助成を受けた学校等が提出した,成果報告書の内容等を評価する会議を催した。この成果報告書評価プロジェクトは,私を含む6名の専門委員が,各学校による成果報告書のうち,他校にぜひ参照してもらいたいものをピックアップし,その特長を批評するものだ。昨夜の会議では,評価の枠組みと手順を再確認し,いくつかの報告書を実際に評価してみて,その結果を比較検討しながら,評価枠組みの共通理解を深めた。1ヶ月後に再度ミーティングを催す。

| | Comments (0)

2017.04.28

パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて

 本日,東京のパナソニックセンターにて,パナソニック教育財団の平成29年度実践研究助成の助成金贈呈式が催された。助成を受けることとなった学校や研究グループは,「グループミーティング」で,審査にあたった専門委員からアドバイスをもらったり,助成校間で情報交換をしたりして,研究推進のアイデアを膨らませていた。私は,自身がアドバイザーを務めることとなった川崎市立高等学校附属中学校と長岡京市立長岡中学校の2校(いずれも特別研究指定校)に対して,私を含めて4人の専門委員が助言するという,豪華な?グループにおいて司会役等を果たした。

| | Comments (0)

2017.04.22

教職大学院の2年次生の学校実習のスタート

 本日午後,研究室で,教職大学院の2年次生3人と,彼らの学校実習の計画について話し合った。いずれも,教育委員会の指導主事である。彼らは,地域の教育の振興のため,事業や研修等の工夫改善を実習課題に据え,昨年度1年間,活動を重ねてきた。その成果と課題を総括し,2年次の実習の計画を精錬させた。特に,研究目的の焦点かと,それに応じた評価データの収集について,密に議論した。ここ数ヶ月そうしたことを個別に,またグループで重ねてきたが,そろそろ最終的な計画を策定しなければならない。本日は,そのための重要な機会となった。

| | Comments (0)

2017.04.21

LS(Lesson Study)大阪で校内研修の企画・運営や授業づくりを語り合う

 今日は,LS(Lesson Study)大阪という学習会の第13回目であった。今回の発表は,堺市の小学校の校内研修の企画・運営上の工夫についてのものだった。組織編成の工夫や授業研究の単位の多様化によって,教員の校内研修への参画意欲を高めようとするチャレンジに対して,メンバーは建設的に意見を述べた。
 その後,各人の本年度の授業改善等に関するプランを交流した。私も,実務家教員とのティームティーチングの充実の構想を述べた。
 今回から,この学習会に,教職大学院を修了したばかりの私の指導学生が2名参加してくれた。もとから,この研究会に参加してくれている大学院生もいる。教職大学院関係者が授業づくりについての実践的研究を繰り広げるコミュニティのメンバーになることはよいことだ。

| | Comments (0)

2017.04.15

学校を基盤とするカリキュラム開発に求められる学校長の役割とそれに資する学び

 一昨年度から,学校を基盤とするカリキュラム開発における学校長のリーダーシップについて研究を進めている(大阪市立大学の島田先生との共同研究)。それに求められる役割とそれに資する学びについて,実証的な研究を進めてきた。
 現在,その妥当性に関して,多様な文献の知見を用いて,検証している。今日も,いくつかの文献をもとに,それについての議論を重ねた。6月24,25日の日本カリキュラム学会において,研究成果を報告する予定である。

| | Comments (0)

2017.04.14

川崎市立川崎高等学校附属中学校の実践研究

 川崎市立川崎高等学校附属中学校を訪問した。同校は,パナソニック教育財団の第43回実践研究助成の特別研究指定校である。私は,本年度と次年度,同校の研究のアドバイザーを拝命することとなった。同校の先生方は,すてきなデザインの校舎やいわゆるOne to one computingの環境を糧として,カリキュラム・マネジメントに関する実践研究を展開しようとしている。今日は,財団のスタッフ,昨年度まで同校の取り組みをサポートしてきた横浜国立大学の野中先生とともに,本年度の実践研究のポイントを,同校の研究推進リーダーたちと共通理解した。

| | Comments (0)

2017.04.13

教職大学院の講義「校内研修のマネジメント」がスタート

S_p1150709 本日,教職大学院の講義「校内研修のマネジメント」がスタートした。この講義は,教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生の必修科目である。いずれも,現職教員である。この講義を通じて,校内研修について深く学び,そして,それを所属校の校内研修の企画・運営に生かす術を,院生たちに会得してもらう。今日も,彼らの校内研修の経験について深い洞察を繰り広げることができた。次週から,それを再構築したり,実践化したりしてもらうための活動を重ねていく。

| | Comments (0)

2017.03.28

ソウル教育大学附属小学校等を訪問(第3日目)

P1070413P10704181 本日,午前中,ソウル教育大学附属小学校を訪問した。同校は,1学年4クラスから成る学校である(1クラスは24人)。ただし,第4学年以上には,帰国生徒のためのクラスが設けられている。
 まず,4年1組の算数の授業を見学した。単元「かけ算とわり算」において,「2桁の数÷2桁の数の計算方法を調べてみましょう」という学習問題が呈されていた。指導者が子どもに寄り添っていること,彼らの思考の活性化を促す学習問題を呈していること,それが功を奏して子どもたちがアクティブ・ラーニングを繰り広げていることなどが,本授業の特長であった。
 次いで,教頭先生に学校マネジメントについてインタビューした。学校改革のポリシーは,「体・徳・知」という全人教育の重要性を踏まえた「人徳教育」の推進であると聞いた。また,校内研修については,まず,「教員能力開発職務研修」が年間5回(1回3時間)設定されていることを確認した。また,授業の公開については,毎年教育実習生に2度模範授業を見せなければならないし,その事前授業を学科別に設定しているので,そこで同僚に授業を公開することになると聞いた。さらに,ソウル市内の他の学校のエキスパート教師と共同研究を実施しているとも聞いた。

| | Comments (0)

2017.03.19

看護教員が授業研究の企画・運営について学ぶためのプログラムの実施

P1050219P1050233 本日,日曜日だが,天王寺キャンパスで,「看護教員が授業研究について体系的に学ぶためのプログラム」を実施した。これは,科研費による研究プロジェクトである。看護専門学校や看護学部・大学等において授業研究を企画・運営するための力量を看護教員に会得してもらうための研修プログラムである。授業研究の意義・目的,その基本,そして,授業研究を通じた専門的な学習共同体の成立と充実に関して,私がまず講義を担当した。続いて,ある看護学校の教員の授業の映像記録を用いて,模擬授業研究会を実施した。参加者たる8名の看護教員は,振り返りにおいて,授業研究への意欲が高まったこと,その企画・運営の工夫の可能性などについて言及していた。

| | Comments (0)

2017.03.17

LS(Lesson Study)大阪で授業づくりを語り合う

P10501702P1050177 今日は,LS(Lesson Study)大阪という学習会の第12回目であった。今回の発表は,2つ。1つは,大阪市の小学校における体育の授業づくりの工夫に関する実践報告である。子どもたちの運動能力を高めるための指導について,多面的に検討した。もう1つは,門真市の小学校における,1年生の道徳の授業づくりの工夫に関するレポートであった。教材や発問についてはもちろん,カリキュラム・マネジメントについても議論できた。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧