2017.08.16

久しぶりに沖縄に

 久しぶりに沖縄を訪ねた。明日から催される,日本看護学教育学会第27回学術集会に参加するためだ。明日,明後日と共同研究者等の発表がある。それにしても,沖縄の日差しは強い。そして,昨日から体調が悪い--。

| | Comments (0)

2017.08.14

修論ゼミOBの勉強会

S_p1050343S_p1050348 本日は,大阪教育大学大学院実践学校教育専攻のスタッフだった時の修論ゼミのOBが集い,彼らの修論のその後,すなわち,彼らの教育実践研究の継続・発展を語ってくれた。大学スタッフになった人,教育委員会指導主事になった人等々であるが,互いの研究に忌憚なく意見を述べ合ってくれた。現在所属している教職大学院とはまた違った性格のコミュニティであるが,これもまた私の大阪教育大学のスタッフとしての軌跡であるから,もう少し勉強会を続けてみようと思う。
 ちなみに,本日の慰労会会場は,昨夜の教師の力量形成に関する英文購読会の打ち上げ会場の隣の店であった。不思議な縁である。

| | Comments (0)

2017.07.30

「授業研究を通じたプロフェッショナル・キャピタルの構築に関する実証的研究」のミーティング

 本年度から,国立教育政策研究所の千々布先生を代表者する科研費による研究プロジェクトがスタートした。そのタイトルは,「授業研究を通じたプロフェッショナル・キャピタルの構築に関する実証的研究」である。名古屋大学の東山キャンパスの会議室で,本年度第1回目のこの科研のミーティングが催された。メンバーで,専門的資本とは何を意味するか,この概念の意義はなにか,そのとらえ方は洋の東西でどう異なるか,我が国の実践とどのような関係にあるか等々,多面的に議論した。あっという間に時間が過ぎた。

| | Comments (0)

2017.06.25

「学び続ける校長像」を求めて

 本日も日本カリキュラム学会第28回大会に参加した。「学校を基盤としたカリキュラム開発に資する学校長の役割と学びについての理論的検討」というタイトルで口頭発表した(大阪市立大学の島田先生と共同発表)。それに対して,学校長は「学ぶ」ことよりも「(教諭等に)学ばせる」ことを重視すべきではないかという意見が示された。両者はそもそも矛盾するものでない。そして,学校を基盤としたカリキュラム開発の初年次等の段階では,学校長には自らが学ぶ姿勢が強く求められるという,我々の研究知見の独自性やその前提等を説明した。
 我々の研究は,カリキュラム開発,教師教育,スクールリーダーシップの交差点に接近するものだ。教師教育の見地からすれば,「学び続ける校長像」は当然視したいところである。

| | Comments (0)

2017.06.11

日本カリキュラム学会でカリキュラム開発における学校長のリーダーシップについて発表

 6月24,25日と,日本カリキュラム学会第28回大会が,かつて私が勤務していた岡山大学教育学部で開催される。25日午前,私は,大阪市立大学の島田先生と共同で,「学校を基盤としたカリキュラム開発に資する学校長の役割と学びについての理論的検討」というタイトルで口頭発表をする。カリキュラム開発のプロセスにおいてリーダーたる学校長がどのような問題解決を繰り広げているのか,それはどのような学習を伴うものなのかに関して,リーダーシップ開発研究の知見と事例研究の結果を重ねて検討する。

| | Comments (0)

2017.05.30

久しぶりに新潟へ

 久しぶりに(といっても4ヶ月ぶりだが--),新潟にやってきた。駅近くの新潟大学サテライトキャンパスで,同大学の生田先生(名誉教授),後藤先生にお会いして,我々の研究にご協力いただいた。それは,科研費基盤研究(C)「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」の中間成果を評価していただくためである。平成28年度に科研のメンバーが開発したプログラムに関して,さらには,開発の方針や前提などに関して貴重なご意見を頂戴した。教師教育の専門的な研究とは何かについてまで,話が及んだ。いろいろと考えさせられた時間であった。
 お二人の先生,ありがとうございました。

| | Comments (0)

2017.05.14

「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング

 平成28年度から,代表者として,科研費による研究プロジェクトを企画・運営している。そのタイトルは,「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」である。今日は,名古屋大学の東山キャンパスの会議室で,本年度第1回目のこの科研のミーティングを開催した。メンバーがそれぞれ,『教育工学的な視点に基づく教師教育ハンドブック』を講義や教員研修で活用するプログラムの構想を報告した。また,教師教育学を専門に研究しようとする大学院生向けの修士課程のカリキュラム構成,科目群の構想について意見交換した。
 会場となった名古屋大学の坂本先生のきめ細かな準備で,会議がスムーズに,また建設的に進んだ。坂本先生,ありがとうございました。

| | Comments (0)

2017.05.04

今日は,合格

 昨日は眠ってばかりの懺悔の日だったが,本日は午前・午後ともに,研究活動に従事した,合格の日となった。午後からは,大学に出かけ,研究室で,科研費の実績報告書等の作成にいそしんだ。誰も来ていないかと思ったが,大学院生も,同僚も,大学に来て,研究や仕事に取り組んでいた。

| | Comments (0)

2017.05.01

学校を基盤とするカリキュラム開発における学校長のリーダーシップとそのための学びについて

 今年度の日本カリキュラム学会の年次大会は,6月24,25日に,かつて私が勤務していた岡山大学教育学部で開催される。そこで,私は,学校を基盤とするカリキュラム開発における学校長のリーダーシップとそのための学びに関して研究報告をする予定である(大阪市立大学の島田先生と共同で)。ここ数年進めてきた,当該トピックに関する事例研究の知見と国内外のカリキュラム開発とリーダーシップに関する研究動向をオーバーラップさせ,我々の実証研究の成果の再整理を図る。ゴールデンウィークは,そのための文献購読にほとんどの時間を費やす--つもりだ(でも,テニスは3回する予定--)。

| | Comments (0)

2017.04.22

教職大学院の2年次生の学校実習のスタート

 本日午後,研究室で,教職大学院の2年次生3人と,彼らの学校実習の計画について話し合った。いずれも,教育委員会の指導主事である。彼らは,地域の教育の振興のため,事業や研修等の工夫改善を実習課題に据え,昨年度1年間,活動を重ねてきた。その成果と課題を総括し,2年次の実習の計画を精錬させた。特に,研究目的の焦点かと,それに応じた評価データの収集について,密に議論した。ここ数ヶ月そうしたことを個別に,またグループで重ねてきたが,そろそろ最終的な計画を策定しなければならない。本日は,そのための重要な機会となった。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧